無理がなく継続できて、間違いのないダイエット法で・・・

私の日常は明鏡止水 > ダイエット > 無理がなく継続できて、間違いのないダイエット法で・・・

無理がなく継続できて、間違いのないダイエット法で・・・

2018年7月10日(火曜日) テーマ:

太ってしまい、鏡に映る自分のポッコリとしたお腹を見て「ダイエットして痩せる!」と決意を固める・・・ このような思いでダイエットを始める女性は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

会社へ出かける前に、早起きしてウォーキングやジョギングをしたり、 会社帰りにスポーツジムに寄って筋力トーレーニングやエアロビックス・・・

しかし、このように頑張っても、なかなか継続することができずに、途中で諦めてしまう方は少なくないというダイエットの現実です。

そもそも、苦痛や不快を感じて我慢が必要なことはストレスが溜まり、決して長く継続することはできませんし、忙しい方が、スポーツジムに通い続けることも難しいと思います。

ダイエット成功のカギは、自分の生活スタイルの中で無理なく行えて、“いかに継続するか”にかかっています。

そして、流行の手法に騙されずに、基本的な正しい手法のダイエットを実践することです。

例えば、ダイエット=無理な食事制限をしなければならない・・・という思い込みが、多くのダイエッターにあるようですが、これは間違いです。

確かに、大幅に食事量を制限して過ごせば、体重は徐々に落ちていきます。

しかし、その落ちた体重の中身は、落とさなければならない体脂肪より、筋肉量が落ちるということになります。

5キログラム体重が落ちたとしたら、2キロが体脂肪で、残りの3キロが筋肉という割合になります。

そして、せっかく食事を我慢して体重を落としても、それは一時的なものに過ぎず、前の食事に戻せば、あっという間にリバウンドで激太りしてしまいます。

では、なぜ、筋肉が減少するとダメなのでしょうか?

体内の中で、筋肉は最も多く基礎代謝を消費する器官になります。

ようするに、筋肉量と基礎代謝量は正比例関係にあり、筋肉量が減少すると、基礎代謝量も低下することになってしまうわけです。

基礎代謝量が低下すると、1日あたりの総消費量が減り、太りやすい体になり、ダイエットも難しくなります。

http://www.shinkitahara.com/

ダイエットの手法の基本は、この基礎代謝量を高めて、痩せやすい体を作ることです。

このように、健康的に確実に痩せるには、無理なく長期に継続できて、科学的、物理的に理解できる手法のダイエットで行うことが大切です。